入れ歯

ミラクルデンチャー

残っている自分の歯を守ることが出来る目からウロコの部分入れ歯
従来の入れ歯は金属のワイヤーで残っている歯に固定するので、入れ歯を使う度にワイヤーを掛けた歯に負担がかかります。
歯を木に例えると木の上にヒモをかけて下から一生懸命引っ張っているのと同じで、いつかその木も揺れてくるようになります。
反対に揺れている木や倒れかけている木を根元で支えると倒れなくなるのと同じでミラクルデンチャーは歯を根元から支えるので入れ歯の両隣の残っている歯を揺らしません。
反対に揺れている歯、傾いている歯等、従来なら入れ歯の作製が困難なケースこそミラクルデンチャーが最適です。
その他のミラクルデンチャーの特徴
●床(入れ歯のピンク入りの部分)が小さいので違和感が少なく、しゃべりやすく入れ歯が初めての人でもほとんど抵抗なく入れ歯が出来る。
●特に上の入れ歯の上あご(歯茎)部分が大きくくり抜いてある為、気持ち悪くなく食べ物本来の味を感じることが出来る。
●つけたまま寝れるので、夜間の食いしばりから残っている歯を守ることが出来る。
●ミラクルデンチャーと歯茎の間に食べ物が入りにくい為、外出時等すぐに入れ歯を洗浄できない時でも不快感がない。
●入れ歯に不満があるけれどインプラントが適応出来ない方、インプラントが嫌だという方にオススメです。

ミラクルデンチャーは標準型と、見えない所に金属を使って、より薄くて小さくできるメタルプレート型と2種類があります。
●標準型
 片側欠損 160,000円(税別)
 両側欠損 180,000円(税別)

標準型

標準型

標準型

標準型

●メタルプレート型
 片側欠損 250,000円(税別)
 両側欠損 270,000円(税別)

メタルプレート型

メタルプレート型

メタルプレート型

メタルプレート型

入れ歯の治療の流れと材料や方法による違い

入れ歯治療の流れ

型をとります ⇒ かみ合せの位置を決めます ⇒

⇒ ⇒ かみ合せのチェックをします

技工所で入れ歯を制作します ⇒ 装着して調整します  

入れ歯に使用する素材

金属床イメージ 金属床
入れ歯の床にコバルトクロムやチタンなどを使用。精度が高く、厚みも薄く作ることができます。
プラスチック床イメージ プラスチック床
健康保険が利用できます。強度を保つため、厚く作る必要があります。変形しやすく、 割れてしまうこともあります。

材料や方法による3つの違い

入れ歯の治療は、使用する材料により 主に3つの点で違いがあります。

違いその1:違和感

プラスチック床の入れ歯は、強度を保つため、厚く製作する必要があります。これが大きな違和感の原因です。 金属床なら薄くて丈夫な入れ歯が作れるので、違和感も最小限にすることが可能です。

金属床なら薄くて丈夫

違いその2:安定性

プラスチック床は強く噛むとたわんでしまいます。さらに長期間の使用により少しずつ変形し、徐々に噛めなくなってきます。 金属床なら、たわみや変形も少ないので、しっかりと安定した噛み心地になります。

プラスチックの磨耗

違いその3:温かさ・冷たさを感じる

上あごをおおう入れ歯の場合、プラスチック床では温かいものや冷たいものを食べても熱を感じにくくなります。 たとえば、温かいお茶を飲んでも、上あごはその温かさをあまり感じることができません。 その点、金属床は熱の伝導にも優れているので、食べ物の温かさや冷たさをしっかり感じることができます。

金属床なら食事もおいしい